米国発の人気ハンバーガー店「シェイクシャック」が、11月4日からメイン商品などを50円値上げした。1個1010円だったシャックバーガー(ダブル)は1060円になる。米国では伸び悩みも指摘されているが、なぜコロナ禍でも強気を崩さないのか。経済アナリストの馬渕磨理子氏は「日本では店舗数を絞ったことが奏功している」と分析する——。

品質の高さがウリの高級ハンバーガー店

11月3日(祝)昼の12:05——。シェイクシャックの外苑いちょう並木店に一人ランチに訪問しました。明日11月4日(水)からメイン商品であるハンバーガーを50円値上げするとのことで、値上げ前にもう一度、大好きなシェイクシャックのバーガーを食べておきたいとの思いで訪れました。

SHAKE SHACK 外苑いちょう並木店
筆者撮影

シェイクシャックと言えば、15年にアメリカから上陸し日本に進出したニューヨーク発の高級ハンバーガー店です。15年に明治神宮外苑のイチョウ並木に1号店を構えたシェイクシャックは、抗生物質や成長ホルモンを使用しない100%アメリカ産のアンガスビーフや、トランス脂肪酸を排除したフライドポテトなど品質の高さをウリにしています。

外苑前に1号店ができた当初は連日長蛇の列ができ、平日でも昼時は1時間以上待つ状態が続いていました。現在は東京に7店のほか、神奈川に1店、静岡県に1店、京都に1店、大阪府に2店を展開、国内で12店舗にまで拡大しています。そんな、シェイクシャックが今回、50円の値上げに踏み切った背景には何があるのでしょうか。