銀行員たちは一体いくらもらっているのか

かつて公務員と同じく「銀行に入れば一生安泰」と言われていたエリートの代名詞「銀行員」。「銀行離れ」とは言われるものの新卒の学生たちからの人気も根強い。新型コロナウイルス感染拡大という未曽有の事態に直面し、痛手を負いつつ営業を続ける企業や資金繰りに窮する企業の番人として、銀行の社会的責任が改めて注目されている。

就職人気に波はあれ、銀行員の「高収入」は健在。金を循環させる彼らはどれほどの給料を手にしているのだろうか。今回は、銀行各社が発表している「有価証券報告書」(2019年3月期)で開示される従業員平均年収を比較していく。

※有価証券報告書の提出会社のうち従業員が100人未満の会社はランキングから除外

平均年収が高い銀行ランキング

トップは三井住友トラスト・HD。2位と年100万円以上の差

1位は三井住友トラスト・ホールディングスで、平均年収は1303万7000円。三井住友トラストは、通常の銀行業務(預金、貸付、為替など)に加え、委託者の財産を管理し、運用する信託業務も行っている。さらに相続関連、不動産関連など業務の幅は広く、一般的な銀行よりも富裕層の顧客を抱えているとされる。

3大メガバンクの中ではもっとも営業経費が少なく、利益率・収益力の高い2位の三井住友フィナンシャルグループ(1155万1000円)と併せて、給与面では三井住友系列が強い結果となった。ちなみに、同じ名を冠した前者三井住友トラスト・ホールディングス、三井住友銀行とは同じグループに所属こそしているものの、直接的な資本関係はなく互いに独立した存在となっている。