緑茶のカテキンに、感染症予防の力あり

5月の八十八夜に摘んだ緑茶を飲むと、「無病息災で長生きできる」という言い伝えを聞いたことがあるだろうか。八十八夜は、立春から数えて88日目を指し、2020年なら5月1日だ。

緑茶
PIXTA=写真

イギリスでは紅茶が、中国の一部や台湾では烏龍茶が飲まれてきたが、日本ではおよそ800年も前から緑茶が好まれてきた。意外に思う人もいるかもしれないが、紅茶も烏龍茶も緑茶も、すべて同じ「茶の木」から作られている。作り方(製法)が異なるために、色、味、香りが変化するのだ。お茶を研究して50年以上、“お茶博士”として著名な大妻女子大学名誉教授の大森正司氏が「緑茶は茶葉が未発酵の状態、烏龍茶は半分発酵、紅茶は完全に発酵したもの」と話す。

「健康成分であるカテキン、アミノ酸、カフェインは3つのどの茶にも含まれますが、入れ方や製法によりその含有量が左右されます。茶は発酵させるほどカテキンが減っていきます。ですから茶の中で比較すると、カテキン含有量は緑茶>烏龍茶>紅茶となる」

緑茶にたっぷり含まれるカテキンには、大きく2つの健康効果がある。1つは、カテキンはポリフェノールの一種で、ビタミンCの80倍ともいわれる抗酸化作用をもつ。血圧を上昇させる物質・アンジオテンシンIIを産生する酵素の働きを抑制し、血圧の上昇を防ぐことが明らかで、発がん物質を抑制するともいわれている。