図を拡大
プレジデント2012.1.30号「一億稼ぐ人の時間術」より。(年収1500万円以上=n307、年収500万円台=n306)

きっかけとなったのが、山口県で美容室グループを経営するH社長のアドバイスである。H社長は、私が尊敬する経営者のひとりであり、独立して最初の法人顧客だ。

H社長からのアドバイスは、次のようなものだった。

「あんたは物怖じせずに言いたいことを言うから、成功している経営者から好かれる。個人のお客は捨てて、経営者にターゲットを絞ったほうがいい」

たしかに私には、相手の役職や社会的地位に気おくれせず、聞きにくいことを口にできる図太さがある。さらに、H社長は、私の経歴についても指摘した。

私には、損保、生保時代に、代理店支援営業の新規開拓分野で通算で4度、全国1位を受賞した実績がある。

そのあたりもまた、経営者から気に入られる点だと、H社長は言った。

つまり、物怖じしない性格と実績が強みになっているのである。

経営者に好かれる。

経営者に的を絞れば、もっと稼ぐことができる。

このアドバイスで、自分では気づいていなかった強みを知った。

私は、顧客を経営者に絞ることで、高額な保険契約を次々にものにしていった。

もし、あなたがまだ自分の強みを見つけられていないのであれば、まずは師と仰ぐ人に聞いてみてはどうだろうか。優秀な上司や、自分をかわいがってくれる先輩でもいい。同僚や友人でもいいだろう。

意外なところに、稼ぎにつながる強みが眠っているかもしれない。

【年収1億を生む黄金則】自分の「強み」がわからなければ、まずは他人に聞いてみる。

(※『プロフェッショナル ミリオネア』(プレジデント社刊)第3章「己を知る。強みに気づく」より)