池上 英洋(いけがみ・ひでひろ)

池上 英洋
東京造形大学 教授
1967年広島生まれ。東京藝術大学卒業、同大学院修士課程修了。専門はイタリアを中心とした西洋美術史・文化史。著書に『死と復活 「狂気の母」の図像から読むキリスト教』(筑摩選書)、『西洋美術史入門』『ヨーロッパ文明の起源 聖書が伝える古代オリエントの世界』(いずれもちくまプリマー新書)、『恋する西洋美術史』(光文社新書)、『「失われた名画」の展覧会』(大和書房)、『レオナルド・ダ・ヴィンチ 生涯と芸術のすべて』(筑摩書房、第4回フォスコ・マライーニ賞)など。日本文藝家協会会員。
  • facebook
  • twitter
  • hatena