不安を退治する「ノート書き出し法」

ふと気が付くと、不安なことや、解決しようのないことで堂々巡りをしていたということは多いはず。最近うまくいかない妻との関係、そりの合わない上司……。

「よく言われるように過去と他人は自分ではコントロールできません。考えずにはいられないのなら、不満や不安をノートに書き出してみること」(寿山教授)

写真=PIXTA

あいつが今日はこんなことをした、あんなことを言ったと不満を書き出してみると、いろんなことで悩んでいるようでいて、実際は同じようなことで繰り返し悩んでいることが見えてくる。

また、うまくいかずに失敗したことで落ち込むのも、ずるずるではなく、これから20分間思いっきり落ち込むと時間を決める。うじうじと「失敗はあいつのせいだ」と他人のせいにしたり、「あのとき、こうすればよかった、なんて俺はダメなのだろう」とか、長時間、うじうじと落ち込んだところで何かが解決するわけではない。時間を決めて落ち込み、早く建設的な挽回策を練ろう。

阪南大学国際コミュニケーション学部教授・博士(臨床教育学)
寿山泰二
(すやま・やすじ)
関西学院大学商学部卒業。民間企業、公認会計事務所を経て、税理士として独立。その後、京都創成大学教授を経て現在。税理士免許と臨床心理士資格を持つ日本唯一のキャリアコンサルタント。
▼編集部おすすめの関連記事
なぜ、頭で考えるより紙に書き出すほうがいいのか?
(構成=遠藤 成、大塚常好 写真=PIXTA)