五木 寛之(いつき・ひろゆき)

五木 寛之
作家

1932年、福岡県生まれ。生後まもなく朝鮮にわたり戦後引き揚げる。66年『さらばモスクワ愚連隊』で小説現代新人賞、67年『蒼ざめた馬を見よ』で直木賞、76年『青春の門 筑豊編』ほかで吉川英治文学賞を受賞。代表作『朱鷺の墓』『戒厳令の夜』『風に吹かれて』『大河の一滴』『生きるヒント』など。現在、直木賞、泉鏡花文学賞はじめ多くの選考委員をつとめる。

  • facebook
  • twitter
  • hatena