今転職を考えるならこの業界

企業名で言えば、インテルやエヌビディア、半導体製造装置世界最大手のアプライドマテリアルズがその代表例。国内でも東京エレクトロン、アドバンテスト、マスクブランクス検査装置トップのレーザーテックなどの半導体関連企業は株価も好調です。また、日本を代表する電子部品業界の日本電産はこの時期に増益見通しを発表し、今期純利益は前期比66%増の1000億円を見込むと強気の発表をしています。

上述した業界と連動して需要が高まっているのが、システムインテグレーター業界です。

企業の希望するシステム構築に向けて、ハードウエアや通信ネットワークなど最適な組み合わせを提供するこの業界。代表的な企業として伊藤忠テクノソリューションズ、NECネッツエスアイ、オービックなどが挙げられますが、これらの企業の業績がすこぶる好調です。

関連して、システムコンサルタント、システム設計者などの需要も増え、コロナ禍においても好待遇が期待できます。本稿前半で、いま、自分が身を置く業界が危ういと指摘された方は、半導体業界やクラウド業界、システムインテグレーター業界への転職を考えるのもよいでしょう。

▼編集部おすすめの関連記事
これから始まる地獄の倒産連鎖…コロナの影響をモロに受ける12業種