「最初にお客様が口にしたことが、一番の購入目的」

こうした丁寧なフォローで再来店を促し、2度目に家族で来店したときは、購入の意思決定をさりげなくサポートする。そのキラーフレーズとなるのが、初回接客時に相手から聞いた言葉だ。

「最初にお客様が口にしたことが、結局は一番の購入目的なのだと思います。ですから『子どもの上達のために購入を考えている』とおっしゃった方なら、その言葉をそのまま使って、『この電子ピアノなら、お子様も上達されますよ』とお伝えする。するとお客様も納得して購入を決められます」

このやりとりでわかるように、吉橋さんは「私のお勧めはこれです」という自分を主語にしたトークはしない。「最終の意思決定をするのは、あくまでお客様本人であることが大事」と考えているからだ。時には、母親は「黒がいい」、子どもは「白がいい」などと意見が分かれてなかなか話がまとまらないこともあるが、その場合も吉橋さんが結論を押し付けることはない。

「私はお客様にたくさん悩んでいただきたいんです。時間をかけて悩むほど、お客様もご自分が選んだ商品に心から納得できるはずですから」

▼日本一のポイント:はじめの一言を覚えておく

吉橋由里(よしはし・ゆり)
ビックカメラ有楽町店楽器コーナー 主任
音楽短期大学卒業後、2011年ビックカメラ入社。以来、有楽町店楽器コーナーを担当。17年度ビックカメラグループ(ビックカメラ・コジマ・ソフマップ)の接客コンテストでグランプリに。
▼編集部おすすめの関連記事
89歳現役医師が語る"心が折れない働き方"
(撮影=市来朋久)