フェアな政治なら、女性政治家にも醜聞と「みそぎ」があっていい

社会的な立場や社会貢献度、知名度が高い女性は、これまで希少ゆえにスキャンダルなどの対象にならない、「高潔な人」であると同時に「話題にしてもつまらない人」だった。その彼女たちにも下世話なスキャンダルがお見舞いされ、人々の関心をあおっていることに、ある意味で真の女性活躍推進が浸透する姿を見る。

そこそこ整った風貌でハイスペック高学歴な実力派の男性政治家が「どこかの手頃な女と不倫くらいする」のを聞いたって、そんなもの掃いて捨てるほどある話なのだから、誰も大して驚きやしない。考えてみてほしい。仮に、みんなが大好きな小泉進次郎にそんな話が浮上したとする(あくまでも「仮に」である)。実力派政治家の彼が、あの整ったフェイスで真剣におわびして回ったら、「ありがちだよね」「発散だって必要でしょうし」とわりと寛容に世間は槍やら鉾やらを下げると思うのだ。なぜなら、人々は男性のそんな話には慣れているからだ。

男性には当然ある「シモ」などの大人としてダメな話が、(その相手となる)女性にもまた当然あり、男性と同じように人間臭いリアリティーを備えつつ活躍しているというだけのことに、日本中挙げて「えっまさか」「あんな立派な人が」なんてカマトト……もとい、ピュアな反応を見せてきたあたり、ホント日本って女慣れしていないというか、成熟した大人の女を認めないカルチャーだったと思う。

そんな男子中高生のようにピュアな日本で、狸のようにくえない女性政治家があちこち跋扈するようになれば、むしろ「女性活躍推進完了」だ。今回の選挙で自民党の甘利明氏が返り咲いたように、金銭授受問題を刺されて失脚したとしても、本人のキャリアと実績・知名度の高さがあればシレッと返り咲けるような、そんな摩訶不思議な「みそぎ」事例が女性政治家の話題にもたくさん出てくればいい。性別に関わらず本当に政治家としての実力を問う世の中ならば、不倫も汚職も「みそぎ」も、男性政治家だけのものではなくなるのだ。