「高倉健は日本の旗なんだよ」と言い続けた

【野地】次の作品は考えているんですか? 僕はまた人物で撮ったほうがいいと思います。

【日比】でも、ドキュメンタリーじゃなくてドラマでやりたいですね、僕は。ドキュドラマというスタイルで。

【野地】でも、高倉健さん以外で映画になる人はいないですよね。

【日比】いないんですねえ。何ていうのかな、海外で言えば、「君たちのクリント・イーストウッドなんだよ」と。「高倉健は日本の旗なんだよ」という感じでね、僕は言いましたけどもね。

『健さん』出演者。マイケル・ダグラス、マーティン・スコセッシ、ジョン・ウー、梅宮辰夫

【野地】あのロバート・デ・ニーロが映画の中で使ったボクシングのグラブを健さんにあげた。

【日比】すごい話ですよね。その価値がわかる人が観ると、『健さん』のインタビューの内容ってすごいことなんですよね。ジョン・ウーのあの「自分が演出するときは常に高倉健さんのことを考えて演出してきた」というのは、それはね……やっぱりすごいことですよ。

【野地】健さんは実はマーティン・スコセッシと知り合いだったとか、そういう交流はあったけど、なかなか表には出てこない話じゃないですか。普通の人は知らない。そこが紹介できたことは、すごくよかったと思います。

【日比】そうですね。だから、日本の身内で済ませてしまえば、ゴマすりのように、「すごかった」「だから、すごい人なんだよ」って話だけで終わっちゃったと思うんですよね。

【野地】でも、そうしなかった。だから海外の人は、あの映画を観れば高倉健さんが日本を代表する俳優だってことがわかりますよね。それまでは「ゴジラ」くらいしか知らなかったでしょう?

【日比】あとは黒澤明や三船敏郎、今で言えば渡辺謙さんくらい。渡辺謙さんは渡辺謙さんですごい人です。でもやっぱり誤解してもらいたくない。やっぱり渡辺謙の前に、「健さん」っていえば高倉健なんだよっていうことを。それは海外の人たちに向けてというだけでなく、もちろん日本でも。特に日本の若い世代に教えてあげたいし、若い人に観てもらいたいって気持ちもあります。

【野地】本当に、そう思います。今日はどうもありがとうございました。

【日比】ありがとうございます。

▼編集部おすすめの関連記事
高倉健インタヴューズ -日本人の心を射止めた「名言」分析