春日 武彦(かすが・たけひこ)

春日 武彦
精神科医/作家
1951年、京都府生まれ。日本医科大学卒業。産婦人科医を経て、精神科医に。都立精神保健福祉センター、都立松沢病院精神科部長、多摩中央病院院長などを経て、成仁病院勤務。著書に『援助者必携 はじめての精神科』(医学書院)、『奇想版 精神医学事典』(河出書房新社)など多数。