悪いのは本当に「夜の街」の人たちなのか

感染の拡大をいわば社会のマイノリティーのせいにしようとした前述のドイツの州首相ですが、どこかで聞いたことのある言い方だな、と思っていたら、それは会見で「夜の街の方々」を繰り返していた小池百合子都知事でした。

東京都知事も州首相も「マイノリティーに責任がある」とはっきり言ったわけではありません。けれども、繰り返し「国名」について発言をしたり、頻繁に「夜の街」という言葉を使うことで、世間に「責任は彼らにあるのだな」と印象づけることができました。政治家が自らの責任から逃げる手法としては実に有効です。

そうでなくても「自己責任論」が強い日本の場合、マジョリティー側にいる人間は「自分たちとは違う行動をするから、彼らは感染した」と考える傾向があり、前述のような政治家の発言は日本の「自己責任」の風潮にますます拍車をかけています。

自分が元気なうちは、コロナに感染した人を「自己責任」と切り捨てることを当たり前だと思ってしまいがちです。しかし、いつ自分が感染するかもわかりません。他人に厳しくしていると、まわりまわって自分の首を絞めることになるので、「自己責任」という言葉の使用もほどほどにしておきたいものです。

▼編集部おすすめの関連記事
「マスクをしない女子アナ」に怒るニッポンの自粛警察の危うさ
「マスクをしない女子アナ」に怒るニッポンの自粛警察の危うさ
ローマ教皇が「ゾンビの国・日本」に送った言葉
「女の子なのになぜできない」発達障害の女性を襲う"二重の苦しみ"
素手で便器掃除、黒髪指導、下着は白…ドイツ育ちの作家が驚く「校則」の謎
自粛警察、テラハ事件を生んだ「ゆがんだ正義感」という快楽