テレビや雑誌などさまざまなメディアで発信を続ける国際政治学者の三浦瑠麗氏。なかでも政治や文化について一段深い議論を展開するのがプレジデント社の公式メールマガジン「三浦瑠麗の『自分で考えるための政治の話』」(毎週水曜日配信)だ。同メールマガジンから抜粋・再編集した記事をお届けする。
撮影=プレジデント編集部
※写真はイメージです

名作エッセー『私の猫たち許してほしい』を読む

佐野洋子さんのエッセー集、『私の猫たち許してほしい』(ちくま文庫)を久しぶりに読んだ。表紙のイラストは抱き合う猫たち。1982年初版で、佐野さんの最初の結婚が破綻して離婚した2年後に出された、初のエッセー集だ。佐野洋子さんといえば絵本『100万回生きたねこ』でご存じの方がほとんどだろう。絵本という媒体になじむ、繰り返される言葉のリズム感と、拓けて展開していく物語、大人もしんみり胸を衝かれるラストシーンが猫のイラストの個性と相まって、大きな印象を残す。

本書の佐野さんは、一見、絵本とは趣が異なるかもしれない。自分というものをよくよく見つめてしまった佐野さんの、ぶっきらぼうなほど正直な言葉にひと筋の哀愁が貫いているような文章。初めてのエッセー集というのは、誰でも胸の中にずっとしまってきたものをごろんと取り出してしまうものではないかと思う。散歩の途中、林の中で「ああ、お母さん幸せだわ!」と母親が叫んだという昔の記憶。普通なら聞き流したかもしれないセリフを、普段から母親の顔色を窺って生きてきた、ちいさな佐野さんは、正面から受け取ってしまう。

三浦瑠麗公式メールマガジン 好評配信中!
言うまでもないことですが、政治は私たちの暮らしに密接です。その一方、選挙のたびに政局に振り回され、結局は「無党派層」を自認し、政治に距離を感じている人も多いはず。本メルマガでは、三浦さんの本分である国際政治学者としての知見をもとに、混迷する政局と日本社会を取り巻く状況を読み解くための情報をお届けします。また、話題となっている政治ニュースを取り上げ、その裏にある背景を、メルマガ読者だけにお伝えしてまいります。