テレビや雑誌などさまざまなメディアで発信を続ける国際政治学者の三浦瑠麗氏。なかでも政治や文化について一段深い議論を展開するのがプレジデント社の公式メールマガジン「三浦瑠麗の『自分で考えるための政治の話』」(毎週水曜日配信)だ。同メールマガジンから抜粋・再編集した記事をお届けする。

ウディ・アレン監督・主演『世界中がアイ・ラヴ・ユー』を観る

コロナで仕事が減って暇になり、ウディ・アレン監督・主演の名画『世界中がアイ・ラヴ・ユー』をあらためて観てみた。

パリの豪華なレストランでシャンパンやワインを飲むカップル, フランス
写真=iStock.com/anyaberkut
※写真はイメージです

ウディ・アレンは作家ジョー役。ゴールディ・ホーン演じるニューヨークの資産家のステフィの元夫であり、実の娘のDJ(ナターシャ・リオン)に悩みを聞いてもらったりしながら、女性に対する未練たらたらのふがいない人生を送っている。

移り気で今を生きているDJは、父親に美術専門家のヴォン(ジュリア・ロバーツ)をあてがおうと奔走するが、ヴォンの抱くファンタジーに合わせて自分ではない何かになろうと必死にアピールをするジョーは、結局は失恋してしまう。

何が理由で女性とうまくいかないかがわからなくなったジョーだが、どうも真相はステフィをあきらめきれていないということのようだ。

三浦瑠麗公式メールマガジン 好評配信中!
言うまでもないことですが、政治は私たちの暮らしに密接です。その一方、選挙のたびに政局に振り回され、結局は「無党派層」を自認し、政治に距離を感じている人も多いはず。本メルマガでは、三浦さんの本分である国際政治学者としての知見をもとに、混迷する政局と日本社会を取り巻く状況を読み解くための情報をお届けします。また、話題となっている政治ニュースを取り上げ、その裏にある背景を、メルマガ読者だけにお伝えしてまいります。