悪化の一途をたどる日韓関係。韓国によるGSOMIA(軍事情報包括保護協定)破棄により対立はついに安全保障分野にも及んだ。関係改善のために両国は何をすべきか。プレジデント社の公式メールマガジン「橋下徹の『問題解決の授業』」(8月27日配信)から抜粋記事をお届けします。

(略)

歴史は善悪の二者択一ではない

日韓の歴史については、日本の教育ではあまり深く触れられていない。昭和44年生まれ、今年で50歳の僕の中学、高校の頃でも、1910年の日韓併合とその後の植民地統治(厳密には植民地統治と言えるかは微妙)に触れるぐらい。1909年に伊藤博文が安重根に暗殺されたことは、歴史の年表として暗記した。

写真=iStock.com/Oleksii Liskonih
※写真はイメージです。

高校になって世界史がカリキュラムに入ってくるけど、今の歳になれば、ローマ史や中世ヨーロッパ史、隋・唐以前の中国史などを細かく学ぶよりも、近現代における日中史、日韓史をしっかり学ぶ方が重要だとつくづく感じるね。

1945年8月に日本が敗戦し、その後、戦争当時者が存命のしばらくの間は、日本の近現代(明治以後)の歴史について、特に日中戦争・太平洋戦争に突入していく歴史については、冷静な議論ができなかったと思う。当事者なのでどうしても善か悪かにこだわってしまう。

(略)

日韓の歴史についても、史実研究が深まり、戦争当事者から2世代、3世代と世代を経てきた今だからこそ、どちらの国が完全に正しくて、どちらの国が完全に間違っていたかという二者択一的な評価から脱却すべきであり、それが可能だと考える。

(略)

残席僅か!橋下徹本人と学ぶ濃密な2日間【橋下徹の「実行力」強化合宿】参加募集開始!!
38歳で大阪府知事に就任し、数多の改革を推進・実現してきた橋下徹。 本合宿では、橋下徹本人が、自身の経験や実例をもとに「リーダーの在り方とは」「チーム作りの本質とは」「実行力の真髄とは」を語ります。 年齢や立場の違う相手や意見の異なる相手を、いかにして説得し、実現に至り、結果を出してきたか。講演や視察はもちろん、橋下徹との夕食会、その全てが学びとなります。ぜひこの貴重な機会、ご参加くださいませ。

お申込みはこちら!→ https://hashimoto.president.co.jp/camp.html