漫画の原風景となった故郷・大分

(写真提供=毎日放送)

久しぶりに故郷・大分県日田市に帰るという諫山が、『進撃の巨人』の原風景となった“秘密の場所”に案内してくれた。そこは、生まれ育った日田の町を見下ろす高台。マッチ箱を並べたような小さな町を、山がぐるりと囲んでいる。少年時代にこの場所をたびたび訪れたという諫山は、ここで何を思ったのか。

【諫山】「やっぱりここから出たい、田舎から出たいですかね。壁の外、田舎の外の社会には巨人がいるってことになりますね。その巨人と戦わなきゃ外では生きていけない」

高台から故郷を眺める諫山の姿は、壁の上から街を眺める主人公エレンと重なって見えた。そろそろ『進撃の巨人』に決着をつけなくてはならない。

『進撃の巨人』最後の一コマ

10月『進撃の巨人』最終幕に向けての打ち合わせが行われていた。担当編集者に進捗を問われると「イメージはある」と答える諫山。

【諫山】「変わる可能性もありながら書いてる感じです」

見せてくれたのは長い物語の最後の一コマ。それは、幼子を抱く何者かの後ろ姿と、ただ一言「お前は自由だ」と語りかけるセリフだった。

今、この瞬間も無我夢中でゴールを目指す。そんな諫山に、次回作について尋ねると、「あります」と言い切ったが、迷いもあるようで……。

【諫山】「ありますけど、書かないかもしれない。その可能性が高い。もう一回この生活を始める覚悟ができるかどうか。でも、いろいろな漫画家の先輩方を見ていると、結局は自分も描きたくなるんじゃないかって気がしますね……」

まだまだ諫山の闘いの日々は続く。われわれも、もう少し一緒に夢が見られそうだ。

(写真提供=毎日放送)
「情熱大陸」はスポーツ・芸能・文化・医療などジャンルを問わず各分野で第一線を走る人物に密着したドキュメンタリー番組。MBS/TBS系で毎週日曜よる11時放送。MBS動画イズムで無料見逃し配信中。過去の放送はこちら。https://dizm.mbs.jp/title/?program=jounetsu
諫山 創(いさやま・はじめ)
漫画家
1986年大分県生まれ。専門学校九州デザイナー学院 マンガ学科卒業。2008年週刊少年マガジン第81回新人漫画賞で入選を受賞。 2009年より別冊少年マガジンにて「進撃の巨人」を連載中。第35回講談社漫画賞を受賞。締め切りに追われる日々の中、ゲームと格闘技観戦が息抜きという32歳。
▼編集部おすすめの関連記事
勢いで「フリーランス」になるバカの末路