爆発前夜の市場でどこよりも優位なポジションにいる

今、世界中を見渡しても、インドほどポテンシャルのある市場はない。先進国では車の需要は飽和し若者の車離れも進んでおり、中国も今後は大きな伸びを期待できない。アフリカは可能性があるだろうが、需要が爆発するにはまだ時間がかかるだろう。

そんなインド市場で、どこよりもスズキが優位なポジションにいるのは間違いないだろう。鈴木修会長は販売拠点を現在の2700カ所から1万カ所の規模に、販売員も約4万人から12万人に拡大すると語っているが、その戦略の方向性は正しい。

インド一本足経営と揶揄されることもあるが、スズキは世界で唯一無二のユニークな会社といえるだろう。

成瀬伸弥
岡三証券 アナリスト
 
▼編集部おすすめの関連記事
納車1年待ち「新型ジムニー」人気の理由
(構成=衣谷 康 写真=iStock.com)