こうして17万削減! 家計費リストラランキング

借金・赤字体質の家計から、貯金・黒字体質の家計へ。劇的な変化を果たしたG家の「改革」をおさらいしてみましょう。

こうやって支出を月17万円減らした!
「コストカット額順の家計費費目」

1位:娯楽費 -3万7000円
夫のギャンブル代なども含んでいた。禁止としたので、子供とのレジャー代のみとなった。
2位:生命保険料 -3万1000円
個人年金保険の解約に伴い保障内容も見直して削減
3位:食費 -2万4000円
総菜や外食は控えた。ただ、我慢しすぎないよう、食べたいものは作って食べるようにした。
4位:被服費 -2万3000 円
買わないようにといわれると容易に削減できた。今までのストックなどがあるので、当分買わなくても不自由はない。
5位:交際費 -2万2000円
現在は妻のランチ代と、やむを得ない付き合い代のみ。夫の飲み代の一部が入っていたので、そこは小遣い内で払うようにした
6位:通信費 -1万3000円
支出を減らさなくてはいけない緊急事態なので、有無を言わさず格安スマホへ変更
7位:教育費 -1万円
夫の勉強と称した雑誌・専門書代も含まれていた。専門書は職場で借りるようにし、雑誌は毎月定額で読み放題のインターネットプランを利用。
8位:確定拠出年金 -1万円
拠出額の変更をした。
9位:嗜好品 -3000円
お酒の量を減らした。

仕事ができ、お金についてもよく知っているように演じるために、自分のダメな部分を押し隠し、見栄を張る。男の生き方としてこういう時期があってもいいのかもしれませんが、どんなに所得が高くても、収入より支出が多ければ稼ぎ以外でお金を工面しなくてはいけません。

これが長引けば家族を巻き込み、借金問題などとして泥沼化します。生活費と将来への蓄えを両立させるやりくりを実現することが、最善なのです。