「若いうちからコツコツ」が金持ちジイさんへの近道

金持ちジイさんは、老後を意識して貯蓄を開始した年齢も早かった。40代前半までに始めた人は、金持ちジイさんで34.4%、中流ジイさんで21.4%、貧乏ジイさんで16.9%と、預金が多いグループほど若いうちから老後資金を準備していた(図8)。

図を拡大
図8:「老後資金」を意識して蓄え始めた年齢

「老後資金を貯めるパターンは2つあります。1つは、若いうちからコツコツと貯蓄。もう1つは、教育費、住宅ローンという2大ハードルを跳び終えてから定年までの短期間に貯めるやり方です。場合によっては後者もありですが、教育費と住宅ローンが終わったところですぐ定年を迎えて、老後資金を貯められなかった人も多い。できるなら若いうちから、教育費や住宅ローンと並行して貯めたいところです」

教育費や住宅ローンのハードルをいつ跳び終えるのか。それは結婚や出産などのライフイベントとも深く関わっている。

【関連記事】
"賃貸と持ち家、生涯コストは同じ"のウソ
なぜ“小遣い0円妻”は老後の備えを食い潰すのか
40代は9割がピンチ! 定年までにいくら貯めればよいか
「60歳までに1億円」に近づける外貨4割、株4割
40代からの「財形貯蓄」フル活用のススメ
(図版作成=ライヴ・アート)