長谷川 英祐(はせがわ・えいすけ)

長谷川 英祐
北海道大学大学院准教授

進化生物学者。北海道大学大学院農学研究院准教授。1961年、東京都生まれ。大学時代から社会性昆虫を研究。卒業後、民間企業で5年間勤務の後、研究者の道に。主な研究テーマは社会性の進化、集団をつくる動物の行動など。著書に『働かないアリに意義がある』(メディアファクトリー新書)、『面白くて眠れなくなる進化論』(PHP研究所)などがある。

  • facebook
  • twitter
  • hatena