道尾 秀介(みちお・しゅうすけ)

道尾 秀介
作家
1975年、東京都生まれ。大学1年生の時から小説を書き始める。会社員を経て、2004年『背の眼』(幻冬舎)で第5回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞し作家デビュー。トリックを使いながら人間を描く作風が注目を集める。11年『月と蟹』(文藝春秋)で第144回直木賞受賞。近著に作家10周年記念作品の『透明カメレオン』『笑うハーレキン』等がある。
  • facebook
  • twitter
  • hatena