宮内 泰介(みやうち・たいすけ)

宮内 泰介
北海道大学大学院 文学研究科教授
1961年生まれ。東京大学大学院社会学研究科博士課程単位取得退学。博士(社会学)。自然と人、コミュニティのこれからをテーマに、国内外のフィールドワークを続ける。さまざまな市民活動、まちづくり活動にもかかわっている。編著書に『自分で調べる技術』(岩波アクティブ新書)、『震災と地域再生――石巻市北上町に生きる人びと』(共編著、法政大学出版局)、『かつお節と日本人』(共著、岩波新書)、『開発と生活戦略の民族誌――ソロモン諸島アノケロ村の自然・移住・紛争』(新曜社)など。
  • facebook
  • twitter
  • hatena