AVメーカーで繰り広げられる女の闘い

不倫する人は、やっちゃダメなことに興奮する性質があります。社内というシチュエーションが加わると、余計に盛り上がるのでしょう。仕事における男女関係は本当に難しいものです。私もかつて、業界の人と関係を持ったことがあります。セックスしたあと、相手から付き合ってほしいと言われましたが、お断りすると、仕事を切られてしまいました。ヒドイ話ですよね。男性は自分を振った女性を不利益な立場に追いやることがある。以来、業界内は絶対にやめようと思っています。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/kieferpix)

実は私は、社内不倫が嫌いで嫌いで仕方ありません。素知らぬ顔で仕事しつつ「私たち裏でセックスしているんです」という背徳感に酔いしれて興奮している。他の社員は官能的なスパイスとして使われているわけです。無料で周囲を小道具扱いしているなんてムカつきますよね。とはいえ不倫はセックスレスや自己承認欲求の問題も関わってきます。私に迷惑がかからない範囲であれば、個人の自由だと思っています。

男性は、女性の気を引きたい一方で「女が怖くてしょうがない」と恐れを抱く一面もあります。女性は、陰で男性にあだ名をつけて噂する習性がありますが、想像するだけで、恐ろしくて身震いをする男性もいるでしょう。しかし、あだ名は女性間で昔からある文化。私も、必ずではないですが、セックスした男性にあだ名をつけることがあります。「9センチ」と名づけて、仲間たちに報告したこともありました。男性器の大きさ、持続時間、体位のバリエーションなど、詳細まで話します。一般に「女の下ネタはエグい」と言われていますが、ディテールにこだわっているだけです。それが一番楽しい。きっと社内で何股もかけている女性は、そんな感じで噂しているんでしょうね。「あそこの部署の誰々さんは大したことなかった」とかね。

困った女子の生態といえば「マウンティング」。自分のほうがあなたより格上だと言外に示してくる行為です。私はAVに出演していましたから、女性から「すご~い、私にはできナ~イ」とマウンティングを何度もされてきました。そういうときは「その顔とスタイルだと難しいよね」「犬とやらされたりしちゃうもんね」と笑顔で返してやります。AVメーカーの受付嬢にもマウンティングされたことがあり、腹が立ちました。

男女の温度差がある中で、モテるおじさんとモテないおじさんの境目はどこにあるのか。私の知るところによると、若い女の子がおじさんとの恋愛をやめた理由ナンバーワンは「ニオイ」。体臭が不愉快じゃない人は、印象が良くなります。タクシーの運転手さんだって、臭い人と全く臭くない人がいますよね。臭くない運転手さんは「車内の温度、大丈夫ですか」など気を使ってくれます。一方で、臭い運転手さんはタメ口だったり、近距離を嫌がったり、接客の態度が悪いことも。ニオイは思いやりに直結しているのです。「相手からどう思われるか」をちゃんと考えられる人が、モテるおじさんなのだと思います。

社内の人間を、不倫の興奮剤として利用するな!

峰 なゆか
漫画家
「週刊SPA!」で連載中の『アラサーちゃん無修正』はドラマ化もされシリーズ累計60万部を突破。ほかに『女くどき飯』『オシャレな人って思われたい!』など著書多数。
▼編集部おすすめの関連記事
「突発性バカ」になる東大出身者の共通点
(構成=花輪えみ 写真=iStock.com)