▼イデコをインデックスファンドで20年運用すれば儲かる金額208万円

イデコで大きく増やす運用方法は?

イデコで運用する金融商品のラインアップは金融機関によって異なりますが、より高いリターンが期待できる「投資信託」がおすすめ。元本割れの心配がない定期預金や保険型商品もありますが、これらはいずれも総じて低リターン。「運用期間中の利益が非課税」というイデコのメリットを生かしきれません。

では、どんな投資信託を選べばいいのでしょうか。私が重視しているのはコスト。イデコは節税ができる半面、一般口座ではかからない口座管理手数料などが毎月取られます。だから、なるべくコストを抑えられる投資信託を選ぶべきです。そうなると、株式投信なら信託報酬(運用管理費用)が比較的安い「インデックスファンド」が一番。投資対象とする株式市場の平均値に連動するようなパフォーマンスを目指すファンドです。

イデコの運用は、A商品に50%、B商品に25%、C商品に25%といったように事前に掛け金の資産配分を指定します。例えば、「先進国株式60%、新興国株式30%、国内株式10%」(すべてインデックスファンド)という株式中心の配分を組み込むことで、私は年3.8%の利回り成果が出せています。うまくいけば、年5%も期待できると思います。

横山光昭(よこやま・みつあき)
家計再生コンサルタント
マイエフピー代表取締役。庶民派FPとして1万人以上の赤字家計を再生。