酒井 順子(さかい・じゅんこ)

酒井 順子
エッセイスト

1966年東京都生まれ。立教大学卒業。2004年『負け犬の遠吠え』で講談社エッセイ賞、婦人公論文芸賞を受賞。『そんなに、変わった?』(講談社)、『泡沫日記』(集英社)、『下に見る人』(角川書店)、『紫式部の欲望』(集英社)など著書多数。最新作は、『ユーミンの罪』(講談社現代新書)、『地震と独身』(新潮社)。

  • facebook
  • twitter
  • hatena