松宮 朝(まつみや・あした)

松宮 朝
愛知県立大学教育福祉学部 准教授

1974年生。北海道大学大学院文学研究科博士後期課程中退、同助手を経て、2001年より愛知県立大学に勤務。社会学・地域社会学専攻。愛知県長久手市の地域福祉計画、大学連携推進ビジョン策定にもかかわる。共編著として、『トヨティズムを生きる』せりか書房(2008年)、『食と農のコミュニティ論』創元社(2013年)、分担執筆として「地域コミュニティにおける排除と公共性」金子勇編著『計画化と公共性』ミネルヴァ書房(2017年)など。

  • facebook
  • twitter
  • hatena