[ラーメン]一真軒

――濃厚ながら脂っこくない、本場九州の味

2011年6月に開店するや、某ラーメン専門誌の企画で豚骨部門1位を獲得。小さな路地裏の店ながら、遠方からも本場九州の味を求めて客がやってくる。

東京都渋谷区神宮前2-14-17 TEL.070-6563-0262
営業時間 11:30~15:00(LO)、18:00~21:00(LO)
土日祝は11:30~17:00(LO) 水休
カウンター3席、テーブル8席 禁煙

1 チャーシューメン850円。チャーシューは豚骨スープの中で煮込み、最後にタレに1日漬け込む。基本メニューはこれとラーメンの2つ、それにおにぎり2個150円、ゆでたまご100円、缶ビール400円。

 
 

2 ラーメン650円。とろりとした豚骨スープは飲んでみると意外にも脂を感じない。「本当の豚骨ラーメンは、そう脂っこくないんです」と主人の西村真幸さん。もともとアメリカで飲食と関係のない仕事をしていたが「自分の好きな店のラーメンを教えてもらえるならやってみたい」と、子供の頃から好きだった佐賀の「一竜軒」の門をたたいた。店は「一竜軒」の味を忠実に継承。スープは毎日豚骨と鶏ガラを継ぎ足し1日12時間火にかける。大盛り750円、替玉150円、半替玉100円。

3 キラー通りから1本入った商店街からさらに路地に入る。隠れ家的な雰囲気からか女性の1人客も多い。同じ通りのななめ向かいには西村さんの父親が営むもつ鍋屋がある。