プロサーファーの身体もほぐす

横手さんはアスリートの身体作りも手がけている。この日、駆けつけたのは千葉の海岸で行われたサーフィンの世界大会。

競技の直前に身体の状態を見てほしいと依頼してきたのは、プロサーファーの大橋海人さんだった。この4月「JPSAジャパンプロサーフィンツアー2019」で準優勝を果たし、今、勢いに乗っているアスリートだ。

手足を強く伸ばして、体の中心にある凝りを取り除く

かがんだ姿勢をキープするサーフィンは、腰や股関節にかかる負担が尋常ではない。瞬時に身体をほぐすため、手足を強く伸ばして体の中心にある凝りを取り除き、ゴムチューブを使った秘密兵器などで黙々と50分。

そして、戦いへと送り出す。

結果が悪くても無駄口はたたかない

体の動きは上々だったが、最後まで良い波を捉えられず、結果は2回戦敗退。アスリートは結果が全てだ。こんな時、横手さんは無駄口をたたかない。

「なんかダメだったですね……」と肩を落とす大橋さんに対して、「ヘイ、メーン! ネクストラウンド!」とだけ言って身体をたたく。もちろん、頭の中では次なるメニューもしっかり練っていた。

【横手】「大橋さんここじゃないですか? どうですか? というポイントはトレーナーなりに浮かんでいる。僕も大橋さん以上に本気で行く! くらいのトレーニングメニューを提供して、時間を共有できたら最高ですね」

試合後、肩を並べて歩く2人。励ましも、横手さんの裏メニューのひとつだろう。

「情熱大陸」はスポーツ・芸能・文化・医療などジャンルを問わず各分野で第一線を走る人物に密着したドキュメンタリー番組。MBS/TBS系で毎週日曜よる11時放送。MBS動画イズムで無料見逃し配信中。過去の放送はこちら
横手 貞一朗(よこて・ていいちろう)
ボディメイクトレーナー
1974年神奈川県生まれ。1993年よりパーソナルトレーナーとして活動を開始。20代でブラジルの総合芸術・カポエイラに出会い追究を続ける中で、独自のトレーニング法を編み出す。30歳で大手スポーツクラブに所属してからは10年間トップの成績を出し続け、2015年に独立。有名モデル、女優、アスリートなどから絶大な支持を受けるように。体への意識の高さから食へのこだわりも強く、数年前からスパイスカレーにハマってからは週6で通うこともあるとか。口癖は「最高です」と「感謝です」。苦手なものは「蜂」という45歳。
▼編集部おすすめの関連記事
筋トレ後"サラダチキンだけ"がダメなワケ
(画像提供=毎日放送)