「もてる男」進次郎氏、今の関心は農業問題

双方から熱烈なラブコールを受け、さすがの進次郎氏も困惑している。まさに「もてる男はつらい」ということか。どちらかにくみすれば、支持を得られなかった方から恨まれる。沈黙を続けても、双方から不満の声が届くだろうし、それ以前に、「損得を計算せずに正論を吐く」のが売りの進次郎氏の看板に傷がつく。

そのことをよく理解しているのだろう。最近の進次郎氏は、総裁選については語りたがらない。国会などで記者団に取り囲まれると、聞かれもしない農業の話などを延々と語り続けて、去って行く。総裁選の対応を聞かれたくない気持ちは分かるが、普段のような切れ味の鋭い発言を期待する記者団からは、ため息も漏れる。

今回の総裁選での進次郎氏の動向は、総裁選の行方を左右するだけでなく、政治家・小泉進次郎の今後をも左右することになるかもしれない。