痛風発作が起きる場所は決まっていない

回想しつつ、痛む足をひきずり酒屋へ。そういえば医者が私の歩様を診て、

「跛行あり Lame」

と書いたのを盗み見て、競馬でいう寛跛行を連想したのはいつであったか。馬に痛風などあるわけもないが、 パドックで眼を凝らしたところで、跛行を見抜くのは並大抵ではない。ひきかえ、こちとらの跛行は一目瞭然 。英語の俗語では、ダサい、という使い方もされているようだ。

各種分野でキャリアがあるように、痛風においても、ジュニア、ミドル、シニアと段階があると私はみている 。

病歴も私のように20年ともなれば立派なシニア、ベテランであろう。

跛行も、傍で見ているほど簡単ではない。体重の移動にコツが要る。杖を使うにしても、どこでどう体重を移動するか、体得するまでに何回発作を起こしたことか。

しかも、私の場合、痛風発作の起きる場所が、左右の足首と、左右のアキレス腱、左右の膝と一定しない。連続して右足首に出たかと思うと、左足首に出る。初期の段階では、左右の足首しか出なかったので、アキレス 腱に出たときなど、

「これは痛風じゃないだろう」

と、勝手に判断したがため、半年間、苦しめられた。

いずれにしても、左右どちらかの脚が不自由になるため、その都度、杖のつき方がちがってくるし、跛行の仕方も異なるのである。

痛風になって、初めて手摺りの有難さ、段差の憎らしさを知った。

痛風ジュニアの頃にはわからなかったが、発作には予兆がある。釣りにたとえると、ピクピクとアタリがあって、グーッと引き込む。そのグーッとくるまでに、コルヒチンを服用しなければならない。

ああ、だがそこで 逡巡、躊躇が生じる。コルヒチンを飲んだ日には、それからしばらくは禁酒を覚悟しなくてはならないのである。

【関連記事】
「ビールの飲み過ぎが痛風の原因」は風評である
健康診断の数値を半年で劇的に改善するには
「後ろ歩き」が弱った足をよみがえらせる!
酒と煙草。愛してやまない2つのうち1つをやめるとしたら
(佐久間奏=イラストレーション)