40代に戻れるなら、何を一番大切にしたいか?

以上のことを踏まえて、40代で少しでもできることを考えてみましょう。まずは親が元気なうちに経済状態を把握する。病気になった場合を想定し、配偶者や兄弟とも相談しておく。子どもに対しても、親に頼り続けられないことを伝え、独立した生活を目指してもらうなど、親離れ・子離れを進めましょう。

それと配偶者に愛想をつかされないよう、大事にしておきましょう。

▼40代に戻れるなら、何を一番大切にしたいか?
・転勤で遠くからでも、電話などでもっとコミュニケーションをとるべきだった(北海道)
・親父の昔の話をよく聞いておけばよかった(千葉県)
・父親と晩酌をしたかった(広島県)
・早めに縁を切っておけばよかった(愛知県)
・親と同居していたが、つかず離れず互いを尊重しあう関係をつくるべきだった(千葉県)
・どこにも連れて行ってあげられなかった。仕事に追われて妻に任せきりで、寂しい思いをさせた(京都府)

調査概要●「60歳以上の男性120名の後悔」はインターネット調査によって、一般男性より回答を得た。調査日は2017年11月16~17日。(調査協力=NTTコム オンライン・マーケティング・ソリューション)

山田昌弘(やまだ・まさひろ)
中央大学文学部教授
専門は家族社会学。著書に『底辺への競争 格差放置社会ニッポンの末路』など多数。
 
【関連記事】
"40代でやっとけば"と老後に後悔した事
あと40年を月3万で生きる38歳"独身貴族"
退職金が「貧乏老後」につながる人の特徴
家庭より仕事を優先したシニア男性の後悔
7500万円タワマン買う共働き夫婦の末路
(構成=村上 敬、山本菜々子)