FP山口京子さんの結論●中学受験には月10万円の余裕資金が必須

この3人の教育費を計算すると、Aさんの場合、私立幼稚園から私立大学(文系)に進学したと仮定して、子ども2人で4331万円(長女は専門学校進学、330万円と仮定)。Bさんの場合、私立中学から私立大学(文系、約300万円)に進学したと仮定して、子ども2人で2242万円。Cさんの場合、公立中学から、国公立大学に進学したと仮定して、子ども2人で847万円となります。

年収1000万未満で幼稚園からオール私立はあまり現実的ではないですが、中学受験を目指す場合、目安として月に10万円、自由になるお金があるなら、問題ないでしょう。ただし、私立の場合、お母さん同士のお付き合いに予想外にお金がかかることも。偏差値のみならず、学校のカラーを見て進学先を決めることも大切です。

子どもが生まれたら毎月の児童手当分、1万5000円くらいは貯めておきたいものです。大学入学の頃には300万円台になるはず。教育ローンや奨学金もありますが、子どもの負担となるので避けたほうが賢明です。

ファイナンシャルプランナー 山口京子(やまぐち・きょうこ)
名古屋市生まれ。フリーアナウンサーから上京を機にFPに転身。テレビ、ラジオ、雑誌などで活躍。著書に『5ステップで貯まらん人を脱出 FP山口京子式 家計簿いらずの貯まるお財布メソッド』『「そろそろお金のこと真剣に考えなきゃ」と思ったら読む本』など。