“ケンカ闘争”で最初に検討すべき7ポイント

ケンカをする際の「勝負するか、逃げるか、手打ちにするか」の判断のために検討すべきポイント・論点が適切に設定されれば、次にその論点について専門家に議論してもらうことになるが、ケンカ闘争において最初の論点設定や、自分に有利に運ぶための大きな戦略・策略などの策定について一番知見があるのは、そのようなケンカ闘争で生き抜いてきた面々だろう。極論すれば「ヤクザ」な人たち。

このままだと誤解されちゃうので言い訳をしておくけど、僕は弁護士時代、そして知事・市長時代を通じて、暴力団排除の運動を進めてきた。反社会的勢力、暴力団が一般市民に危害を加えることは許してはならない。実際に、暴力団の抗争で一般市民が巻き添えを食らったり、暴力団に直接危害を加えられた一般市民はたくさんいる。

ただ犯罪を起こさない限り、暴力団であっても生活できるのが日本社会だ。暴力団、ヤクザを全面肯定するわけではないけど、社会に存在する以上、こういうケンカ闘争の問題については、ケンカの進め方や勝つためには何を検討しなければならないかの論点設定について、彼らに意見を求めるのも一つの手だと思う。冗談じゃなく。

現職の総理や、政府与党の幹部、役所の幹部が、正面切って表でヤクザな人たちと意見交換するわけにはいかないだろう。ということで、多くのヤクザな人たちと仕事上かかわってきたこの僕が、経験上彼らに学んだ勝つためのケンカの運び方について紹介します。

ケンカをする際の、勝負するか、逃げるか、手打ちにするかという最初の判断をするために検討すべきポイント・論点は以下の7つ。まあ言われれば単純なことなんだけどね。

1、こちらの攻撃(圧力)に相手は屈するのか。
2、相手は反撃してくるのか。
3、こちらの被害はどれくらいか。
4、こちらは被害を覚悟できるか。
5、こちらが目標とする勝ちとは何か。
6、相手の反撃に対してこちらは勝てるのか。
7、双方が矛を収める条件は何か。

このように論点を設定した上で、この検討は専門家の力を借りる。国際政治や安全保障の専門家はこの7つの論点について、しっかりと意見を出して欲しい。

この中でも最も重要な論点は1と2だ。しかしこれは相手の内心の話。これを的確につかむとなると、あの手この手を尽くした諜報と、何と言っても修羅場を潜り抜けた人たちの実体験をもとにした意見が重要になる。

6も、ヤクザな人たちとかかわると手打ちをするにはどういう条件が必要なのかが分かってくる。企業のM&A合戦でも同様の手打ちはよくやる。ところがインテリたちは経験がないから手打ちの仕方が分からないかもしれない。

ということで、次回以後、上記7つの論点について検討していく。論点が適切に設定された場合に、はじめて専門家の議論が有益となる。(ここまでの文字数=約2200字、メールマガジン全文=約9100字)

※本稿は、公式メールマガジン《橋下徹の「問題解決の授業」》vol.72(9月19日配信)からの引用です。もっと読みたい方は、メールマガジンで!! 今号は《【北朝鮮ミサイル危機(1)】役に立つのはインテリよりヤクザのアドバイスだ!》特集です。

▼編集部おすすめの関連記事
なぜ北朝鮮は米国の"報復"を恐れないのか
(撮影=市来朋久)