「50歳から人生設計をすべきだった……」

【50代を後悔している理由1位】定年後の人生設計をしておくべきだった

「1万人インタビュー」における「50代を後悔している理由」の栄えある(?)1位は、他でもない、「定年後の『人生設計』をしておくべきだった」です。

ここには、

・「『人生に定年はない』と気づけなかった」という後悔
・「『80歳以後も人生は続く』と自覚しておくべきだった」という後悔
・「何も考えず、無為に過ごしてしまった」という後悔

も、含まれています。

「お金」や「人脈」、「やる気」も上位になりましたが、トップはこれでした。仕事に忙殺されて、それどころではなかった人も多いでしょうし、なんとなく漫然と過ごしているうちにいつの間にか60歳に、という人もいます。

意外に多かったのは、「定年になったら、まずはゆっくり充電しながら、その先のことを考えよう」と、思っていたタイプです。

しかしその充電中に、「現役時代、せめて50歳から、定年後の『人生設計』をしておくべきだった」と後悔するというのです。

役職定年や雇用延長が射程に入ってきた世代は、教訓にしたいものです。

「4つの心構え」で対策できる

「12の後悔」、いかがでしたか?

大塚寿『50代 後悔しない働き方 「勝ち逃げできない世代」の新常識』 (青春新書インテリジェンス)
大塚寿『50代 後悔しない働き方「勝ち逃げできない世代」の新常識』(青春新書インテリジェンス)

こんなに一気に見せられると、「どこから潰していけばいいのか、もう分からん!」と、すでに心が折れそうな人もいるかもしれませんが、気を落とされることはありません。

「12の後悔」それぞれに対策を講じる必要はありません。

まずは本書『50代 後悔しない働き方』でふれる「4つの心構え」を押さえてから、本書で説明する「自分にできそうなこと」を実行するだけで、拍子抜けするくらいサクサクと対処できるのです。

すべての根っこは「定年後の人生設計をしていなかった」ことにあります。逆にいえば、先々の設計をしておけば、12のうち多くの後悔は防止できるのです。

▼編集部おすすめの関連記事
日本人のがん1位「大腸がん」を予防する4つの生活習慣
日本人のがん1位「大腸がん」を予防する4つの生活習慣
60代の後悔"不要品は捨てればよかった"
口の中でわかる"早死にする人、ボケる人"
"40代でやっとけば"と老後に後悔した事
妻子を捨てて不倫に走った夫が「一転して改心」した納得の理由