時給1000円のアルバイトをやってみたら変わる

政府や企業の不正や違法が横行すれば、潜入取材や内部告発の価値はより高まる。潜入取材は本業と潜入先の仕事を並行せねばならず、心身ともに負担が大きい。ましてや、過重労働を暴くことが目的なら当然、そこでの労働じたいも激務。文字通りの労作だ。

「柳井さんも、自分が時給1000円のアルバイトをやってみたら変わるでしょうね。あるいは、自分の孫を働かせてみればいいと思うんですよ。そういう話を直接ご本人としようと、何度も取材を申し込んできたわけです」

世に名を馳せた人物も、高慢がすぎれば己の言動を客観視できなくなる。「働いてみれば?」などという放言がなければ、本書が世に出ることもなかったことだろう。