不倫相手がキャバ嬢である確率はわずか3%未満

「不倫をする男性のうち、職場不倫は4割に対し、キャバクラは3%もいないんです。ほぼ不倫関係にはなりません」
「えー、そうなんですかっ!」
「だから、キャバクラに行っている時間は、不倫できない時間帯とも言えるんですよ」

なぜキャバ嬢との不倫が成り立たないのか。まず、男性は不倫相手を探すことを目的としてキャバクラに行っているわけではない。キャバクラに行く理由は前述の3つだ。

もちろん、だからといって下心が全くないかといえばそうではない。「もしかしたらこの子とセックスできるかも、恋人になれるかも」という下心を持っている男性もいる。

しかし、キャバ嬢目線で見ると、既婚者と関係を持つことは「不倫」だ。彼女たちは賢い。ちゃんと費用対効果を考えている。男性の「懐具合」と、妻にバレた時のリスクを両天秤にかける。

「この人と恋愛関係になってもお金もないし、未来もないし、妻にバレたらめんどくさいことになりそう」そう考えれば、キャバ嬢はまずその男性と恋愛関係になろうとは思わない。ましてや、月2万円や3万円のお小遣いを工面してセコセコとキャバクラに通う既婚者の男性となんて言わずもがなだ。

「あけみさん、これ……結局キャバ嬢って私の敵じゃなくて、夫を不倫させないための味方と言ってもいいぐらいですねぇ」
「そうですねぇ。キャバクラに行っている時間は、不倫をしない時間帯ですからね。ただ、お小遣いを使い過ぎないように管理しておいたほうが良いかもですね。人によってはハマって何万円もガンガン使っちゃうなんてこともありますからね」

こうして、まゆみさんは嬉しそうに家に帰っていった。

自分よりも若くて綺麗な子にあっていると思うと腹立たしく思うこともあるかもしれないけれども、本当の敵は職場の同僚です。詳しくは、拙著『糟糠の妻はなぜ捨てられるのか』を読んでもらえると幸いです。

大西明美(おおにし・あけみ)
婚活アドバイザー
2010年からクリスチャン専門の結婚相談所を経営。20年で4万3000件以上の婚活&恋愛アドバイスを実施。これまで1000人以上の不倫カウンセリングも行う。現在は1日20件以上の婚活メール相談や年間100人以上の直接面接による婚活アドバイスをこなしつつ、「WEBプレジデントウーマン」で働く女性向けの婚活記事を連載するなど、恋愛や婚活、不倫に関する様々な情報を積極的に発信し続けている。著書に『となりの婚活女性は、今日も迷走中』がある。
▼編集部おすすめの関連記事
女が許せる不倫、こじれる不倫