リゾートマンション「1戸1万円」の理由

ところで全国のリゾートには、前出のリゾートホテルや別荘のほかに、リゾートマンションもあります。

しかし、これはよほどのヘビーユーザー以外には危険です。僕は、新潟県の苗場にリゾートホテルを2棟持っているのでたまに現地に行きますが、その周りには掃いて捨てるほどリゾートマンションがあって、そのほとんどが無人(利用されていない)です。

驚くかもしれませんが、そうした物件は安いものなら1戸1万円で販売しています。

1万円というのは賃貸ではなく、売買の金額です。なぜ、そんなタダ同然の価格なのか? 実は、このようなリゾートマンションにはサウナ付き大浴場とか、温水プールとか、フィットネスジムとかがついているため、管理費は月1万5000円くらいかかります。

つまり、1回も使わなくても年間の管理費が18万円かかる。毎年、それを払い続けるわけです。使わなくななったら、再び売りに出せばいいと思うかもしれませんが、そういったリゾートマンションが無数にあるため、一度買ったが最後、2度と誰も引き取ってくれないのです。

苗場には夏、フジロックフェスティバルに必ず行く。冬は、スキーに来る。だから、リゾートマンションを購入する。そういう人もいるでしょうが、年間18万円も払えば、苗場に来るたびにそれなりにいいホテルに泊まれるのではないでしょうか。

※写真は本文と関係ありません

毎週苗場へ行きたい、また、都市より生活費が安い苗場でリタイア生活を楽しみたいという人であれば、購入という選択肢はあるかもしれませんが、そうでない限り、リゾートマンションに手をつけないほうが賢明でしょう。

売却の難しさは、別荘以上で、もし不要になった場合でも永久に管理費は発生します。売却の容易さという点でいえば、リゾート会員権>別荘>リゾートマンションという順番になるのではないでしょうか。

*筆者・金森重樹氏にお金に関する悩み相談をしたい方は、下記URLのフォームにご記入ください。

*受け付けた質問の一部に関して、金森氏が記事内で回答する場合があります。なお、金森氏より質問者に連絡することは一切ございませんし、営業目的に利用することもございません(記入フォームにアドレスなど連絡先の書き込み欄はありません)。
https://docs.google.com/forms/d/1QL5Ik3u31anl6QRjpkUdgZw7NqKS4EpmVd3cIUVz82s/viewform

【関連記事】
年収3000万でも“下っ端”! 本物のお金持ちは「財布が4つ」
なぜ、富裕層はリゾートへ仕事しに行くのか?
大富豪の24時間に見る「時間とお金」の共通点
「1億総下流」は嘘っぱち「富裕層」101万世帯!
年収1200万~3000万の家庭が自ら転げ落ちる「高収入貧乏の谷」