情報は「量よりも質」

情報は、質よりも量です。「情報においては、量が質を凌駕りょうがする」というのは、私の座右ざゆうめいですが、それは、自分のブレインロックを外すためです。

たとえば、悪質な新興宗教が信者を得ようとするときは、家族や社会から隔離して施設に閉じ込めます。外界から完全に遮断して、教義をひたすら注ぎ込むのです。それは、多種多様な情報と触れることを防ぎ、強固な洗脳をかけるためにほかなりません。

逆にいえば、洗脳を解いてくれるのは、いつでも情報だということです。

「洗脳親」は忌避せず、静かに距離をとる

ちなみに、ブレインロックをかけてくる両親に対しては、反発したり、関係を遮断したりする必要はありません。言われたことをうのみにせず、ただ「そういう意見もあるんだな」と受け止めるに留めればよいのです。100、200ある情報のうちの1つとして、心の中にファイルしておきます。

先物
写真=iStock.com/Instants
※写真はイメージです

それでもこちらの言動を支配しようとしてきたり、理解がなかったりする場合には、物理的に距離をとることが必要になるでしょう。人は自分の価値観が壊されそうになると、本能から恐怖心を抱くことがあります。そのため、怒鳴ったり、暴力を振るってくるケースも珍しくありません。

同様のケースの渦中にある方から、「どれぐらい距離をとればいいですか」という相談をよく受けます。私は、「あなたが耐えられる程度」とお答えすることにしています。

これまでひと月に一度、会う機会があったなら、それを3カ月に一度、半年に一度といった形で減らすのがよいでしょう。

【関連記事】
「もっとシンプルな部屋で暮らしたい」そんな人が永遠に"思い通りの暮らし"ができない根本原因
株で資産3.6億円を築いたサラリーマンが教える「儲かる決算書」を3分で見抜く5カ条
「精神科医が見ればすぐにわかる」"毒親"ぶりが表れる診察室での"ある様子"
「成長したいけど、意味のない理不尽は嫌」今の若者が"ちょっと厳しい職場"をあっという間に辞めてしまう理由
「仕事ができる人ほどよく遊び、できない人ほど残業する」精神科医が解説する納得の理由