過当競争を生き抜くために値下げもやむなし

大幅な収入ダウンの原因は、もちろん買春男性の数が減ったからとも考えられる。しかし、彼女はきっぱりと言い切った。

「客(買春男性)が減っただけじゃないですって。ワリキリの女も増えすぎてるんですよ」

過当競争を生き抜くために、近ごろ、苦渋の決断を下したともいう。援助交際の値下げだ。

「それまではホ別でイチニー(ホテル代とは別に1万2000円)もらってたんですけど、いまはホ込み(ホテル代込み)でイチニーにしてます」

それでも収入のペースアップが見込めないと判断した場合は、さらなる値下げも考えているそうだ。

援助交際の相場変動をさらに探るべく、都内の出会いカフェにも足を運んだ。

出会いカフェは名称こそ「出会い」をうたっているが、実態はワリキリ目的の男女が直接交渉できる場として機能している。

平日午後10時。店内の女性専用スペースをのぞくと、席の9割が埋まっていた。この時間帯にしてはなかなかの活況に思える。

ひとまず客の中から茶髪の派手な女性をトークルームへ呼び出し、取材を申し出ることに。承諾をもらい、喫茶店に移動したところで話を聞いた。現在19歳の専門学生だという。

「ここには週に3、4回来てます。本当はバイトでキャバやってたんですけど店が休業中で稼げなくなったから。もちろんワリキリ目的です」

援助交際の成果を尋ねてみると、露骨に落胆の色を浮かべた。

「思ったより稼げてませんね。ワリキリはホ別イチゴー(1万5000円)以上じゃないとやらないって決めてるんですけど、最近、渋る人が多いんですよ。高いって。中には『1万でナマ(コンドームをつけない状態)でヤラせて』とか平気で言うオッサンもいるし。マジあり得ないんですけど。イチゴーってそんなに高いですか? 私のトシなら相場でしょ?」

援助交際の相場が暴落した先にあるのは…

出会いカフェを利用している彼女の友人も同じことでボヤいているという。

「友だちはハッキリ言われたことがあるみたいですよ。『どうせコロナで生活に困ってんだろ。だったら1万でヤラせてくれてもいいじゃん』って。完全に足元見られてますよね。まあ、いまのところイチゴーでもなんとか客がついてるからいいけど、多分、稼げなくなったら安くするしかないんじゃないですかね」

出会い系サイトでも複数の女性とやり取りをしてみたが、その限りでは、援助交際の相場が大きく値崩れしているとの実感には至っていない。が、本格的なコロナ不況が到来するのはこれからだ。

そうなった先に待ち受けている事態はある程度、想像できる。

援助交際の相場が暴落すれば、そこに付け込んだ男たちが無理難題を押し通してくるだろう。先ほどの女性のコメントにもあったように、「ナマ本番」などのアブノーマルなプレイを強要する者が増えるほか、金額に関するトラブルも多発するかもしれない。

その結果、貧困に追い詰められ、あるいは精神を病み、その結果、自ら命を絶つ女性が続出するのでは?

そうなればもはや地獄。ため息すら出ない。

▼編集部おすすめの関連記事
渋谷で摘発された「フリーおっぱい」の動機