日本で新しい金融手法であったリース業を祖業として、融資、投資、生命保険、銀行、資産運用、自動車関連、不動産、環境エネルギー、コンセッション(公共施設などの運営権)事業などへと、多角的に事業領域を拡大してきたオリックス。同社の創業メンバーの一人で、2014年まで30年を超えてグループCEO(最高経営責任者)を務めたのが、ミスター・オリックスともいうべき宮内義彦氏だ。その語り口は静かだが、時に厳しく、企業社会と経営に対する洞察に満ちている。これからの企業経営を担う人材に向けて、経営に関する持論や自らの経験を縦横に語ってもらった。(第3回/全3回)
巨大複合商業施設「グランフロント大阪」。多目的ホール、オフィス、ホテル、レストラン、コンベンションセンターなどで構成されている。

後継者は育成するものなのか

——経営者の重要な仕事のひとつに自分の後釜となる後継者の育成があります。宮内さんはこの問題にどうやって対処してきましたか。

【宮内】後継者は育成するものではなく、育ってきた人の中から経営者として見込みがある人を選ぶものではないでしょうか。

意中の人物をトップに据えてみる。トップをやらせてみたら、さらに立派になるだろうと思って抜擢ばってきするわけです。その結果、周囲の期待に応えて、さらに成長する人もいれば、逆にダメになってしまう人もいる。こればかりはいろいろです。やらせてみないと分からない。

オーナー経営者ではなく、社員から昇格してトップになった人の中には、自分を見失ってしまうケースもあります。昨日までは役員の一人だったのに、トップになり周囲から「社長」と呼ばれると、自分の立ち位置がわからなくなってしまうことがあるのです。会社の規模が大きいほど、多くの人が付き従ってくれるので、経営トップの役割を理解しないまま、つい自分が「偉くなった」と勘違いしてしまう。そのような人がトップになった場合、会社の成長はそこで止まってしまいます。

▼PRESIDENT「経営者カレッジ」講座のお知らせ

オリックス シニア・チェアマン宮内義彦さんが講師を務めるPRESIDENT経営者カレッジ講座「宮内塾」を11月から2回連続で開催します。


テーマ:次世代を担うリーダーに継ぐ! 企業経営の鍵
開催日:11月25日、12月16日
会場:一橋講堂 特別会議室101-102
受講料:16万5000円(税込)
対象:経営者、経営の後継者、次期経営スタッフ

詳細、お申込はこちら