森 綾(もり・あや)

ライター
1964年大阪生まれ。新聞記者、FM局広報を経て92年からフリーで著述業に。著名人を中心に2000人以上のインタビュー歴をもつ。著書に『マルイチ』(マガジンハウス)、『キティの涙』(集英社)など。『新幹線お掃除の天使たち』(遠藤功著・あさ出版)など企業の中の人にフォーカスした本の構成も多数。
自分が手がける仕事で、人のライフスタイルを変えたい――トレタ代表・中村仁さん【前編】
  • キャリア
  • #Twitter
  • #トレタ

自分が手がける仕事で、人のライフスタイルを変えたい――トレタ代表・中村仁さん【前編】

森 綾

iPadで簡単に予約管理ができると飲食店で人気のサービス「トレタ」。トレタの中村仁社長は、Twitterで有名なとんかつ&しゃぶしゃぶ店「豚組」や、食べ物写真に特化したSNS「miil」などを生み出した人物でもある。「食+IT」というフィールドに、中村さんがたどり着いた経緯とは?

1歩を踏み出すことは、大それたことではない――シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 宮海彦さん【後編】
  • ライフ
  • #シルク・ドゥ・ソレイユ
  • #カナダ

1歩を踏み出すことは、大それたことではない――シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 宮海彦さん【後編】

森 綾

生きていれば誰しも、苦しい思いをした経験がありますよね。シルク・ドゥ・ソレイユ『トーテム』のアーティストで、キャプテン兼コーチの宮海彦さんは、20代半ばを「どん底だった」と振り返ります。今でこそ、穏やかなまなざしで語る彼は、何を、どう乗り越えてきたのでしょう?

あきらめず、情熱を注いで築く信頼関係――シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 宮海彦さん【前編】
  • ライフ
  • #シルク・ドゥ・ソレイユ
  • #カナダ

あきらめず、情熱を注いで築く信頼関係――シルク・ドゥ・ソレイユ アーティスト 宮海彦さん【前編】

森 綾

シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演『トーテム』の幻想的で力強いパフォーマンス。その舞台に立ち、さらにコーチとして多国籍のチームを率いる人物が日本人だってご存じでしたか? 筋骨隆々の胸板と、クレバーな語り口とのギャップが魅力の宮海彦さん。時に強く、時にしなやかな彼の流儀には、周囲を巻き込んでいく不思議なパワーがありました。『トーテム』のバックステージから、宮さんのインタビューをお届けします。

鶴瓶師匠へは永遠の片思い――落語家・笑福亭べ瓶さん【前編】
  • ライフ
  • #落語
  • #インタビュー

鶴瓶師匠へは永遠の片思い――落語家・笑福亭べ瓶さん【前編】

森 綾

笑福亭べ瓶と書いて「しょうふくてい・べべ」と読む。「べべ」とは関西弁で、かけっこなどで「一番最後になった人」の意味で、笑福亭鶴瓶の13番めで最後の弟子という意味でつけられた名だ。落語の世界に飛び込んで15年。3度の破門を乗り越え、今は大きな舞台で師匠の鶴瓶さんと親子会をするまでに成長したが、べ瓶さんの噺家人生は決して順風満帆ではなかったという。

乳がん患者のQOLを上げたい「がん研有明病院」医師・前田拓摩さん【後編】
  • ライフ
  • #乳がん
  • #乳房再建

乳がん患者のQOLを上げたい「がん研有明病院」医師・前田拓摩さん【後編】

森 綾

高齢化する初産年齢や出産人口の減少で、乳がんリスクが2.2倍に! 日本乳癌学会調査、ホルモン受容体陽性乳がんの結果です。保険診療になった乳房再建手術に審美的な価値を組み合わせて美しい胸をつくる、「がん研有明病院」形成外科医・前田拓摩さんに乳がん患者のクオリティ・オブ・ライフ向上にかける思いを聞きました。

乳がん患者のために、美しく自然な胸をつくる「がん研有明病院」医師・前田拓摩さん【前編】
  • ライフ
  • #乳がん
  • #乳房再建

乳がん患者のために、美しく自然な胸をつくる「がん研有明病院」医師・前田拓摩さん【前編】

森 綾

もしあなたが、乳がんを宣告されたら? 日本の乳がん罹患率は12人に1人。私たち女性にとってあながち遠い話ではありません。乳がん手術は、乳房の一部を切除する温存術が主流だった10年前とは違い、全摘出+乳房再建手術が60%を占めるまでになっています。乳房再建をリードする「がん研有明病院」形成外科医・前田拓摩医師のシゴトに迫ります。

サケもマスも出さないのになぜこの店名?――「サーモン&トラウト」森枝幹さん【後編】
  • ライフ
  • #下北沢
  • #レストラン

サケもマスも出さないのになぜこの店名?――「サーモン&トラウト」森枝幹さん【後編】

森 綾

抜群に料理が上手い男の子の家にお邪魔して、おまかせでおいしい料理とお酒を振る舞ってもらう……下北沢「サーモン&トラウト」はそんな楽しさが味わえるレストランだ。自分の足で日本のあちこちへ野菜や肉を探しにいき、惚れ込んだ食材にスパイスを効かせて調理するシェフの名は森枝幹。こんな29歳がどうやってできたのか、詳しく話を聞いてきた。

カレー大王の息子は、バレーボールではなく料理の道を選んだ――「サーモン&トラウト」森枝幹さん(前編)
  • ライフ
  • #料理
  • #レストラン

カレー大王の息子は、バレーボールではなく料理の道を選んだ――「サーモン&トラウト」森枝幹さん(前編)

森 綾

下北沢からも三軒茶屋からも徒歩15分。不便な場所にありながら、舌の肥えた客が夜な夜な集まってくるレストラン「サーモン&トラウト」。自分の足で生産地を回って食材を探し、ここでしか食べられない料理を生み出すシェフ・森枝幹さんは、ユニークな経歴の持ち主だ。転機は、オーストラリアで訪れたという。

人生は出会い。導かれた道に全力を注ぐことで見えてきたものとは?――マリンビスト・SINSKE さん【後編】
  • ライフ
  • #マリンバ
  • #マリンビスト

人生は出会い。導かれた道に全力を注ぐことで見えてきたものとは?――マリンビスト・SINSKE さん【後編】

森 綾

仕事ぶりと男っぷりのよさを兼ね備えたイイ男を紹介する本連載。「人生は出会い。導かれるままに」とマリンビストとしての地位を築いてきたSINSKE(シンスケ)さんは意外や意外、「自己否定型のタイプ」と自分を評します。ストイックなまでに自分を追い込む彼のスタイルとは? インタビュー後編です。

22歳で武者修行「道なき道」を行く僕の流儀、マリンビスト・SINSKE さん【前編】
  • ライフ
  • #マリンバ
  • #マリンビスト

22歳で武者修行「道なき道」を行く僕の流儀、マリンビスト・SINSKE さん【前編】

森 綾

次世代に期待されるイイ男を紹介する本連載、第1回のIT起業家から一転、今回は音楽の世界で今後さらに輝いていくだろうマリンビスト、SINSKE(シンスケ)さんの登場です。鍵盤打楽器マリンバの演奏家であり作曲家としても活躍する、彼の音楽にかける情熱に迫ります。

ビジネスとプライベート。10年目の挑戦――トリニティ代表・星川哲視さん【後編】
  • キャリア
  • #スマホ
  • #Windows

ビジネスとプライベート。10年目の挑戦――トリニティ代表・星川哲視さん【後編】

森 綾

“次世代”を代表する期待の美男子を写真とインタビューで紹介する、というコンセプトの連載「次世代イケメン紳士録」。Windows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」が発売目前! IT・通信業界で大きな注目を集めるトリニティの星川社長のインタビュー、後編をお届けします。

埼玉から世界へ! スマホ「NuAns」が注目のトリニティ代表・星川哲視さん【前編】
  • ライフ
  • #スマホ
  • #iPhone

埼玉から世界へ! スマホ「NuAns」が注目のトリニティ代表・星川哲視さん【前編】

森 綾

“次世代”を代表する期待の人物、しかもカッコイイ男性を厳選して写真とインタビューで紹介する、というコンセプトの連載「次世代イケメン紳士録」。1人目はWindows 10 Mobileスマートフォン「NuAns NEO」で注目、トリニティの星川社長。爽やかすぎる40歳の経営者、その素顔に迫ります。

仕事でリーダーを目指し、高みを目指して生きる。情熱を持って働き続けたい、女性のためのサイトです。