自分がご機嫌になる方法をリストアップしよう

いろいろなことが制限されているなかだから、自分で自分の機嫌をとることが大事よ。

自分のご機嫌とり、たくさんしましょう!

自分の機嫌がよくなるアイテム、行動、どんどんリストアップしてみるといいわ。

勉強が楽しい人、映画や読書が好きな人、ヨガや瞑想で落ち着きたい人。なんでもいいの。

アテクシがご機嫌になる習慣は、お気に入りのバスソルトを入れてゆっくりお風呂に入ること。丁寧にミルクティーを淹れること。お天気がよければ、とりあえず散歩。いろんなおうちを眺めて「ここに住んだら、どんな暮らしになるかしら」って妄想するのは、最高よ。アマゾンプライムで好きなものを見たり、インテリアショップのホームページを見ながら、模様替えのプランを練るのもいいわね。

人間ってね、どんな環境でもそれなりに楽しめるようになっているの。その力を信じてあげて。

構成=浦上藍子 写真=iStock.com イラスト=カツヤマケイコ

Tomy(とみー)
精神科医

1978年生まれ。精神保健指定医、日本精神神経学会専門医、産業医。精神科病院勤務を経て、現在はクリニックに常勤医として勤務。2019年6月から本格的に投稿を開始したTwitter『ゲイの精神科医Tomyのつ・ぶ・や・き』は、一瞬で心が癒やされると話題に。『精神科医Tomyが教える 1秒で不安が吹き飛ぶ言葉』(ダイヤモンド社)、『人の好き嫌いなんていい加減なものよ。―他人に振り回されないためのTomy 流処世術』(KADOKAWA)など著書多数。