プレジデントオンライン > 

著者一覧 > 

浅香山親方(あさかやまおやかた)

著者
プロフィール

浅香山親方(あさかやまおやかた)

浅香山親方

相撲部屋親方 元大関・魁皇。本名・古賀博之。1972年、福岡県直方市生まれ。身長185cm、体重170kg。引退後は年寄・浅香山を襲名。現在は友綱部屋付きの親方である。中学校卒業後に友綱部屋に入門、88年3月場所で初土俵。2000年5月場所、14勝1敗で幕内初優勝を果たし、名古屋場所後に大関昇進を決める。幕内最多出場、通算最多勝星など数々の記録を残した名大関である。地元の筑豊本線・篠栗線(福北ゆたか線)博多・直方駅間を走る特急列車の名称「かいおう」にも採用された。

PR

インフォメーション PR

最新号

PRESIDENT 2018年12月3日号 「家・マンション」買い時、売り時