相性が最悪な上司に当たってしまったら?

一番難しいのは、異動によって相性の合わない上司と出会ってしまった場合。これで体調を崩す人が本当に多いので、一対一の影響力は相当大きいと感じています。先ほどの、周囲の属性が違って話が合わずなじめないといったケースは、諦めもつきますし、じゃあ仕事で結果を出すしかないなと割り切れることもできます。

ストレス
写真=iStock.com/Khosrork
※写真はイメージです

けれども一対一の人間関係は無視もできないし、割り切りもできない。うまく適応できなくて、頭痛や吐き気、めまい、胃痛、ひどくなると円形脱毛症や突発性難聴など、体にいろいろな症状が出て、精神科に行くと適応障害という診断がつく。ここまで体調が悪くなって、精神的にダメになる人は、実は少なくありません。

これは部署異動で上司が異動してくるケースでも同じことが起こります。あたりが強い管理職というのは、元いた部署でも問題を起こしているケースがあり、(悪い意味で)社内で有名人であることも多いです。そうした上司に僕たちが話をすることもあるのですが、能力がある程度高いので、一応お医者さんの話は真面目に聞いてくれます。だから、部下側から聞くような、そんなに攻撃的な人なのかなと感じるくらい普通の印象です。でも部下には厳しい、そういう人が多いのです。

部署を離れるだけで症状は改善する

この場合、その部署を離れることが何よりの治療になります。それだけで、ぐっと状態がよくなるということが、よくあるのです。ただ、休職して体調はよくなったけど、また元の部署に戻ると、同じ症状が出てしまいます。ですから本人が戻るときは別の部署に変えてほしい、上司を変えてほしい、間にクッションの役割として誰かをはさんでほしい、といったことは僕たち産業医が、強めに会社に要求することがあります。

ただし、その上司がある程度能力が高く会社に貢献している人であれば、会社としてはそう簡単に変えることはできず、僕らの要求はなかなか通らないことがあります。

昔のやり方と今のやり方は違うのに、上司が昔のやり方を通すことで苦しんでいる人がいることを、会社のほうがわかっていないというのも事実としてあります。そんなときは、別の会社に移ることもひとつの解決策だと思いますね。

構成=池田純子

井上 智介(いのうえ・ともすけ)
産業医・精神科医

島根大学医学部を卒業後、様々な病院で内科・外科・救急科・皮膚科など、多岐の分野にわたるプライマリケアを学び、2年間の臨床研修を修了。その後は、産業医・精神科医・健診医の3つの役割を中心に活動している。産業医として毎月約30社を訪問。精神科医・健診医としての経験も活かし、健康障害や労災を未然に防ぐべく活動している。また、精神科医として大阪府内のクリニックにも勤務