「忙しそうで話しかけにくい上司」は無能の証し

しかし、上記を実践できるのは、上司に話しかけるチャンスがあってこそ。「忙しいアピール」や「話しかけるなオーラ」が強すぎて、それすらできないケースもあるかもしれません。

私は、そうした人は上司としてすでに失敗していると思います。「忙しい」も「話しかけるな」も、自分の有能さや優位性のアピールであり、有能感を満たすためのものでしかありません。管理職なら、自分の有能感アップより部下のモチベーションアップを優先させるべきなのに、それができていない時点で無能と言っていいでしょう。

しかも、部下と話す暇がないほど忙しいということは、自分のスケジュール管理ができていないということ。一人で多くの業務を抱え込んでいるのだとしたら、それもまた管理職の役割をはき違えている証拠と言えるでしょう。

部下と対話できずに仕事を抱え込む管理職も

こうしたタイプは女性管理職にも見られますが、多いのはやはり男性。特にコロナ禍以降は、リモートワークなど新しい働き方が普及したこともあって、経験則で対処できない、部下とうまくコミュニケーションがとれないなどの理由から、一人で多数の業務を抱え込んでしまうケースが増えています。

これは、部下に弱みを見せたくない、見せてはいけないという思いも一因になっているのではないでしょうか。男性管理職には、自分が「男だから」「管理職だから」という視点にとらわれていないかどうか、いま一度自己を見つめ直してみてほしいところです。その視点を持つだけでも、後々のつらさはかなり防げるように思います。

そして、こうした管理職を上司に持つ人は、コミュニケーションを双方向へ誘導すると同時に、弱みを見せてもいいのだとさりげなく伝えてみてほしいですね。それが「暖簾に腕押し」な上司、「忙しいアピール」をする上司を減らすことにもつながっていくのではと思います。

構成=辻村 洋子

田中 俊之(たなか・としゆき)
大正大学心理社会学部人間科学科准教授

1975年生まれ。博士(社会学)。武蔵大学人文学部社会学科卒業、同大学大学院博士課程単位取得退学。社会学・男性学・キャリア教育論を主な研究分野とする。男性学の視点から男性の生き方の見直しをすすめる論客として、各メディアで活躍中。著書に、『〈40男〉はなぜ嫌われるか』(イースト新書)、『男がつらいよ 絶望の時代の希望の男性学』(KADOKAWA)『中年男ルネッサンス』(イースト新書)など。