足元は全身の印象を左右する

そもそも靴というのは、たとえば質の良しあしはステータスを、デザインはおしゃれのセンスを、そしてお手入れ具合は生活ぶりを……というように、履いている人のすべてを物語るといっても過言ではない重要アイテム。長距離を歩けない、いわゆる“痛くなるパンプス”しか持っていない人も「管理職という立場にもなって自分に合う靴を知らない人」と見られてしまうかもしれません。

仕事上の自分とプライベートの自分とをどんなに分けようと頑張っても、知らず知らずのうちに相手にあなたのすべてを伝えてしまっているのが靴という存在。「足元を見る」という慣用句があるように、それは履いている人の今の状態が、瞬時に見抜かれてしまうアイテムでもあるのです。

そこまで重要な存在でありながら、とくに雨の日はないがしろにしがちな靴合わせ。けれど、どんなに高級なスーツを着ていたとしても、合わせる靴がそれに伴っていなければ全身の印象も格下げになってしまいます。また、ハイブランドの靴を履いても染みだらけで汚れていたら――それがたとえ雨の日だとしても――仕事においてもどこかだらしない印象を与えかねないのです。

長靴もダメ、カジュアルなラバーシューズも合わない、頑張ってパンプスを履いても意味がない。では、働く女性は雨の日になにを履けばいいのでしょうか。

仕事に集中できる雨の日の救世主

すべての働く女性と、どんな天候でも足元に気をとられずにおしゃれをしたい人にオススメなのが、ずばり、レインパンプス。雨の日に履けるパンプスといえばこれまでは、黒やネイビーなど、汚れても目立ちにくいシックな色や、履き心地がイマイチな合皮やラバー素材が主流でした。しかしながらそんなのは今や遠い昔の話。今日では各ブランドが研究に研究を重ね、驚くような高性能のパンプスが登場しはじめているのです。

それはまるで、雨用と言われなければわからないようなスマートなデザインばかり。淡い色のラインナップや、上質な本革、さらにはおしゃれ感が増すスエード素材や、普段から愛用したい美脚デザインのものまで、かなり豊富にそろいます。

これらのパンプスは事前に雨が降るとわかっているような日にはもちろん、突然のにわか雨やゲリラ豪雨のときなどでも、慌てて靴を履き替える必要がありません。水や泥をはじくような加工がしてあるものも多く、汚れにくさも兼ね備えているので、大切なプレゼンや外回りの日があいにくの天気でも、足元をさほど気にする必要がないのです。

本来のビジネスファッションとは、自分の装いがその場にふさわしいのか、そしてマナー違反ではないのかを気にせず仕事に没頭できる着こなしのこと。どんなに悪天候でもきちんとした場に馴染なじみ、見た目に清潔で、さらには履き心地も文句ナシのレインパンプスが一足あれば、あなたの働き方にはきっと素晴らしい変化が訪れるはずです。

今月の名品

銀座かねまつのレインパンプス「AQUA BELLアクア ベル

撥水加工を施した本革スエードで、淡いカラーリングでありながら染みや汚れがつきにくい! さらに靴の中に水が浸入しにくい構造で、雨の日でも快適な履き心地を約束。銀座かねまつらしい美脚デザインも健在で、まさに全天候型の名品パンプス!

淡色のほか、黒やネイビーなど全●●色展開。パンプス[ヒール●●cm]2万3000円/銀座かねまつ(銀座かねまつ6丁目本店) ※価格は税抜きです。
他に黒やグレーなど全6色展開。パンプス[ヒール7.5cm]2万3000円/銀座かねまつ(銀座かねまつ6丁目本店)※価格は税抜きです。
そもそも染み込まない! どんどん水をはじく強力な防水加工で、撮影スタッフも驚きの高性能。普段のお手入れも簡単。
そもそも染み込まない! 撮影のために水滴をとどまらせるのがひと苦労なほど、どんどん水をはじく強力な撥水加工で、撮影スタッフも驚きの高性能。普段のお手入れも簡単。
キュッとつまんだようなかかとのデザイン&スエードの裏張りで、ストッキング着用時でも脱げにくく、ホールド力も抜群!
キュッとつまんだようなかかとのデザイン&スエードの裏張りで、ストッキング着用時でも脱げにくく、ホールド力も抜群!
問い合わせ先●銀座かねまつ6丁目本店 03-3573-0077

スタイリング=乙部 アン 撮影=坂根 綾子 写真=iStock.com

乙部 アン(おとべ・あん)
執筆家

会社員として勤務した後、女性誌の編集者を経て執筆家に。
現在ブログ「ANNE MAGAZINE」にて、 大人の女性に必要なファッション情報を発信するほか、パーソナルスタイリングや、ファッション講座などを定期的に開催。