共働き希望の男子、専業主婦志望が根強い女子

【原田】次は、共働きしたいかどうかを聞いてみたい。昭和の時代は「男は仕事、女は家庭」が主流だったけど、今は共働き家庭も増えているね。男子は、奥さんには働いてほしいと思っているのかな?

「結婚相手が専業主婦になりたいならそれでもいいけれど、養う自信は今のところない」と笑う伊藤くん。

【塩田くん】僕がリスペクトする女性はアクティブな方が多いので、仕事で頑張っている女性には結婚相手としての魅力も感じます。ただリスペクトという点では、専業主婦も一緒。本人が専業主婦を希望するなら、その気持ちを尊重して、支えたいです。

【富山くん】高校では、僕も含めて男子の大部分が共働き希望でした。でも、女子の8割は専業主婦希望。大学生になったら、女子のほとんどが働きたいって言っていて、地元との違いにびっくりしました。

【伊藤くん】僕も、地元の愛知県では女子のほとんどが専業主婦希望だったのに、大学では働きたい人が多数派でした。僕自身は、仕事がその人にとって生きがいや自己実現につながるのなら、ぜひ働いてほしいですね。専業主婦希望ならそれもOK。でも、奥さんと子どもを養える自信は今のところないです。

【原田】女性の意見は二極化しているようだね。全国統計では、男性は共働き、女性は専業主婦を望む人が一番多くて、これは「結婚のミスマッチ」と言われているんだ。じゃあ女子は共働きについてどう考えているんだろう。田中さんと羽山さんはずっと働きたいのかな?

両立がうまくいかなかったら専業主婦に

【羽山さん】私は結婚願望がないので、1人で生きていけるように働き続けるつもりです。この前、女子6人でその話をしたら、専業主婦になりたいのは1人だけでした。他の人は、仕事が優先で結婚は後回しという意見でしたね。でも、それも「仕事しすぎると出会いがなくなるかも」とか、「子どもはほしいけどキャリアアップ中の妊娠は困る」とか、将来の不安とセットでした。

【田中さん】私は結婚後もずっと働きたいです。外部の人と接触して成長したいし、自分が稼げなかったら、夫が失業した時に何もしてあげられなくなっちゃう。それと、自分に仕事と子育てを両立できるとは思えないので、子どもはほしくありません。周りには「働きたい、子どももほしい」という女子が多いんですが、両立がうまくいかなかったら専業主婦になろうと考えているみたい。

田中さんの周りには、「両立がうまくいかなかったら専業主婦に」と考える女性が多いという。

【原田】日本はまだ、女性が仕事と子育てを両立しにくい社会。残念ながら、国や会社、夫のサポート次第でキャリアが決まってしまう部分もある。結婚後も働き続けたいという女子は、それを覚悟した上で共働きを望んでいるんだね。男性は共働きを望むなら、女性のそうした覚悟にも目を向ける必要があると思うよ。

近年は、リーダーとして活躍する女性が増える一方で、一般職の人気も再燃しています。将来の結婚や子育てを見据えて、始めから一般職を希望する女子学生も少なくありません。中には、東大卒や慶應卒といった高学歴の女性もいます。彼女たちは、学歴を生かしてバリバリ働くよりも、「どう生きたいか」を軸に進路を決めていると言えるでしょう。共働きを望む男性と、仕事と子育てを二択で考える女性。このミスマッチは、今後ますます広がっていくのかもしれません。

写真=iStock.com/kokouu

原田 曜平(はらだ・ようへい)
マーケティングアナリスト

1977年生まれ。慶應義塾大学商学部卒業後、博報堂に入社。ストラテジックプランニング局、博報堂生活総合研究所、研究開発局を経て、博報堂ブランドデザイン若者研究所リーダー。2018年よりマーケティングアナリストとして活動。信州大学特任教授。2003年、JAAA広告賞・新人部門賞を受賞。著書に『平成トレンド史』『それ、なんで流行ってるの?』『新・オタク経済』『Z世代 若者はなぜインスタ・TikTokにハマるのか?』などがある。2019年1月より渡辺プロダクションに所属し、現在、TBS「ひるおび」、フジテレビ「新週刊フジテレビ批評」「Live News it!」、日本テレビ「バンキシャ」等に出演中。「原田曜平若者研究所」のYouTubeチャンネルでは、コロナ禍において若者の間で流行っていることを紹介中。