Wishリスト作成の3つのポイント

①なるべく20分以内で100個書き出すこと

時間制限内に100個書くと設定することで、こうあるべき、これは無理という、ブロックがなくなり、思ってもみなかった「やりたいこと」が出てきます。あなたの潜在意識からの、ワクワクするような願いや夢が出てくるのです。

②リストを書き終えたら、全体を見直すこと

一気に出してみると同じような項目があるのを発見できます。じつは、それがあなたのやりたい傾向であり、今必要なことなのです。たとえば、温泉、海、海外旅行が多ければレジャー。検定合格、資格取得が多ければ勉強など。

③リストに優先順位をつけること

ワクワクする項目を○で囲んだり、星マークを付けたり、ワクワクする順に数字を振ったりして、優先順位をつけましょう。さらに叶った願いにマークを付けたり、シールを貼っていきましょう。すると、達成感が高まります。こうすることでノートをみるだけで自己肯定感が高まっていくのです。

写真=iStock.com

中島 輝(なかしま・てる)
心理カウンセラー

自己肯定感アカデミー代表、トリエ代表。自己実現のカリスマとして、自己肯定感の重要性をすべての人に伝え、自立した生き方を推奨することをミッションに活動。新しい生き方を探求する「輝塾」を開催するほか、中島流メンタル・メソッドを広く知ってもらうために主催する講座は毎回満席に。著書に『自己肯定感の教科書』『自己肯定感ノート』『1分自己肯定感』『エマソン 自分を信じ抜く100の言葉』などがある。