英語は“ここまでできたら完璧”という明確なゴールがないので、自分が納得のいくレベルまで到達するのは、見えない壁をよじ登るような感覚。しかも語学はあくまでツールであり、使いこなさないと意味がない。だから海外出張の際は、どんな形でもいいのでとにかくコミュニケーションをとるなど、貪欲に実践経験を重ねている。

さまざまな現象を新旧のパワー構図で分析。世界の変化を読み解く鍵に。

「今さらネーティブスピーカーにはなれない。『帰国子女に育ててほしかった』なんて親を恨んでもしょうがないですから(笑)」

2019年42歳。まだまだ新しいことを吸収できる年齢だ。いつか英語でのカンファレンスで、スピーカーとして登壇できるくらいまでに成長したいという夢もある。好きなスピーチをスマホで繰り返し聞く、という学習法も実践中。

「TOEICで高得点を狙うより難しいかもしれませんが。私のような人間でもここまでこられた、という勇気を周囲に与えられたらうれしいです」

裸の王様にはなりたくない。周りの意見を大切に

マネックス証券は2019年で設立20年を迎え、会社は安定しているが、社長として安穏としてはいられない。

「経営書を読むことより、いろんな人と出会って見聞を広げていくほうが大事なのでは、と思っています」

先日、とある巨大グローバル企業の社長と会談したときのこと。「『これからはスピードが重要です。3倍速で意思決定をしていかなければ』と話すと、その社長に『“3倍”はよくいわれることです。ウチは4倍速でいきますよ』と言われ……(苦笑)。いろいろな山を越えてきた人は言うことが違う!と驚かされ、自分ももっと研鑽を積まねばと身が引き締まる思いでした」

My Trend●5年前にワインエキスパートの資格を取得。ワインの勉強会では、普段出会わない人々と出会って新鮮な刺激を受けることも多い。

社長就任後ツイッターで発信する機会も増えたが、これも見聞の広がりになっている。耳に痛い意見が届くこともあるが、どんな小さな指摘にも耳を傾けるのが清明流。裸の王様的な社長にはなりたくないから、とほほ笑む。

「一番大切にしているのは、“謙虚”であるということ。大勢の人に支えてもらって、今の私があるのです」

その感覚を忘れず、アクティブに社内外の人と関係を築いていくことで道が開けることは多い。「日々の出会いすべてが学び。コミュニケーション一つ一つを数珠つなぎにしていくことで、自分の世界が確実に豊かになっていくと信じています」

▼清明さんの学びを振り返る!
30代前半 中国語。中国語圏での旅をしたとき、中国人社員との交流で役立つ。
30代半ば 証券アナリストになるため基礎から知識まで体系的に学ぶ。ワインエキスパート。
41歳 英語。20代後半から現在まで英会話スクールで学ぶ。経営の勉強会に参加。

文=水島彩恵 撮影=平松唯加子

清明 祐子(せいめい・ゆうこ)
マネックス証券 代表取締役社長

大阪府生まれ。京都大学経済学部卒業後、2001年三和銀行(現三菱UFJ銀行)へ入行。MKSパートナーズを経て、09年にマネックス・ハンブレクト(現在はマネックス証券に統合)へ入社。その後、マネックスグループ専務執行役などを経て19年4月より現職。